pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

相談の流れ

 
離婚ネットワークをご利用いただく場合の一般的な手続をご案内させていただきます。

01ご予約

ご予約

お電話でのご予約

基本的には、お電話にてご予約を承っております。 お電話にて、まずは今の状況を簡単にお伺いいたします。うまく話せなくても大丈夫です。また、当然話しづらいこともあるかと思います。 可能な範囲で構いませんので、状況をお話しください。 また、例えば「弁護士事務所から訴状が届いた」「内容証明郵便が送られてきた」「弁護士から直接電話があった」「相手方からなんらかの請求があった」などのことがあれば、そちらも教えていただけたらと思います。 (電話対応をさせていただくのは事務スタッフになります。弁護士ではありませんので、この時点で法律相談を行なうことはできません。) 最後に、お名前、ご連絡先をお伺いしたうえで、当ネットワーク所属の近隣の弁護士との面談の日程を調整させていただきます。面談の際に必要な書類等についてもお伝えさせていただきます。 お電話は、9~21時(365日)まで受付しております。
解決数の多さ

メールでのご予約

「電話だときちんと話が出来る自信がない」「対応時間が過ぎている」このような場合には、メールでのご予約も承っております。メールでのご相談の際には、 ・今の状況について ・お名前 ・ご連絡先(お電話可能な電話番号) ・メールでの返信を希望される方はその旨 をご記載ください。内容を確認させていただき、2日以内に、弊社担当からご連絡させていただきます。ご連絡させていただいた際に、弁護士との面談の日程を調整させていただきます。

02相談受付票の記載

相談受付票の記載

弁護士との面談の日程が決まりましたら、こちらの「相談受付票」に必要事項をご記入のうえ、お持ち下さい。

情報を事前に弁護士と共有することで、30分の無料相談がより有意義なものになるかと思いますので、ぜひご活用ください。

03事務所訪問~法律相談

事務所訪問~法律相談
いよいよ法律事務所での面談を行います。 お電話や相談受付票など、事前にいただいた情報だけでなく、相談者の生の声をお聴きし、法的な対応を検討していきます。 その際、メモや写真など、ご持参いただいた資料があれば、そちらもご説明いただきながら、まずは相談者のお話をじっくり聴かせていただきます。 当ネットワークでは、弁護士としての専門性が高いことはもちろん、依頼者の話を丁寧に聴くことができる点も重視して弁護士を選んでおります。 皆様の心からの訴えに対し、親身に耳を傾けることをお約束します。

04事解決方法の検討と実行

解決方法の検討と実行
状況を把握させていただいた後に、法律的な解決を検討していきます。 依頼者のご要望とお気持ちを法律と照らし当わせて、最適な方法を協議させていただきます。 当ネットワークの強みは、個々の弁護士の専門的な知識と経験だけでなく、所属弁護士の間での話し合いや協議にもあると考えています。 一人の弁護士の意見だけで判断するのではなく、多角的な視野で、依頼者にとっての「本当の解決」をご提案させていただきます。 もちろん、相談者がご納得されるまで話し合い、理解いただき、ともに勝利を勝ち取るために、最大限ご協力させていただきます。

05解決へ

解決へ
弁護士が介入することにより、離婚問題の解決は一気に進むことが多々あります。 理由は、弁護士の交渉力にあります。 「なんとかしてほしい」「こちらが正しいはずなのに」 そういった確信があったとしても、それを適切に表現し、法律で証明しなければ、その意見は通らない可能性があります。そこで存在するのが弁護士です。 あなたの声を聴き、そのお気持ちを理解し、それを冷静に法律に照らし合わせ、相手と交渉します。そこには「絶対の正解」はありません。 双方の感情を理解したうえで、案件ひとつひとつについて、何が一番の解決となるのかを探し、実現していきます。 皆様の正解にたどり着くために、誠心誠意対応させていただきます。
裁判に至っている案件に関しましても、無駄に裁判を長引かせることなどせず、早期の解決を図ります。 お互いが感情論をぶつけあい、喧嘩状態に陥っている裁判であれば、「裁判の交通整理」を行い、要点をまとめ、協議し交渉します。 裁判の途中であっても、相談者の事情を最優先し、相手弁護士との交渉を行います。 また、離婚はひとつの大きなできごとですが、人生はそこからまた続いていきます。 その後の人生がより良いものへと向かっていくよう、当ネットワークではサポートさせていただきます。 あなたのこれからの人生のために。当ネットワークの力を活用していただければ幸いです。