pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

相手が離婚に応じない場合の対策方法とは?

こちらが離婚したいと思っても、相手が離婚に応じてくれないことがあります。こんなとき、どのように対処したら良いのでしょうか? 相手の気を変えさせる方法があるのか、相手の気が変わらない場合にどうしたらよいのかを知っておくと役に立ちます。 今回は、相手が離婚に応じない場合の対策方法をご紹介します。  

1.相手が離婚に応じない理由

日本では、いきなり離婚訴訟をして離婚を認めてもらうことができず、まずは相手との話し合いによって離婚を実現しなければなりません。 そこで、相手が離婚に応じてくれないと、基本的に離婚ができないのです。 相手を離婚に応じさせるためには、まずは相手がどうして離婚に応じないのかを把握しておくことが役に立ちます。以下では、相手が離婚に応じない理由として考えられるものを、ご紹介していきます。

1-1.離婚する理由がないと思っている

相手が離婚に応じない場合、「離婚する理由がない」と感じていることが多いです。 たとえば、熟年離婚で妻が夫に離婚請求をすると、夫には離婚すべき理由が見当たりませんし、離婚するメリットもありません。そこで、「なぜ離婚しないといけないのか?」と思い、離婚を拒絶します。

1-2.そのうち気が変わると思っている

こちらが真剣に「離婚したい」と言っていても、相手はまじめに取り合っていないことがあります。よくある夫婦げんかの延長線上だと受け止めていて、「そのうち気が収まったら言わなくなるだろう」と思っています。 このような相手には、いくら「離婚したい」と言っても押し問答になってしまいます。

1-3.社会的体裁が悪い

相手が社会的に地位の高い人であったり名誉にこだわる人であったりすると、離婚は社会的体裁が悪いという理由で拒絶することがあります。また、相手の職種によっては、離婚をすると昇進できなくなったり将来を断たれたりするおそれがあり、そのようなケースでも強く離婚を拒絶されることが多いです。

1-4.お金を支払いたくない

相手が不貞している場合や多額の夫婦共有財産がある場合などには、離婚すると相手は多額の慰謝料や財産分与を支払う必要があります。そこで、こうしたお金を支払いたくないために離婚を拒絶する人がいます。

1-5.寂しい、悔しい

離婚をして家族を失うのが寂しいとか、相手の言うままに離婚するのが悔しいなどと考えたときにも、相手は離婚に応じてくれなくなります。

2.離婚に応じさせる方法

相手が離婚に応じない理由はさまざまですが、このような相手に離婚を受け入れさせるにはどうしたらよいのでしょうか?以下で、その方法を見ていきましょう。

2-1.真剣であることを伝える

まずは、こちらが真剣であることを伝えましょう。 相手が「そのうち言わなくなるだろう」などとたかをくくっているなら、何度でも離婚の話を持ちかけます。このとき、常に「冷静さ」を保つことが重要です。そして、自分が本気で離婚したいと考えていることをわからせて、相手にも真剣に対応させましょう。

2-2.離婚したい理由を説明する

相手が「離婚理由がない」と考えている場合、自分がどうして離婚をしたいのかを説明しましょう。たとえば、相手が家庭を顧みなかったことが嫌なのか、相手の浪費や酒癖が嫌なのか、いい加減な性格が嫌なのかなど、いろいろとあるはずです。 相手をなじったり悪口を言ったりするのではなく、冷静に、自分が離婚したいと考えている理由を相手に伝えましょう。

2-3.弁護士に相談する

相手が離婚に応じないとき、弁護士に相談するのも1つの方法です。弁護士に状況を説明して、ケースに応じた最適な対処方法のアドバイスを受けましょう。 弁護士に相談に行ったことがわかれば、相手もこちらが本気であると認識しますし、弁護士が、「離婚原因がある」と言ってくれたのであれば、その旨相手に伝えると、相手も離婚に向けて心が動く可能性があります。

2-4.家庭内別居をする

どんなに言っても相手が離婚に応じないなら、家庭内別居状態を作り出しましょう。 同じ家に住んでいても、必要最低限の話しかせず、相手と生活時間帯も変えて、顔を合わさないようにします。 このように、冷え切った状態が続くと、相手もだんだんと離婚しようか、という気持ちになってくるものです。 家庭内別居状態を続けながら、タイミングを見計らって離婚の話を持ちかけてみましょう。

2-5.別居する

家庭内別居をしても相手が離婚に応じないなら、実際に別居してしまいましょう。別居をすると、離婚への気運がグッと高まります。 相手にしても「どうせ一緒に住んでいないのだから、籍が入っているかどうかだけの問題だ」と思い始めて離婚に心が傾きやすくなります。また、後に裁判をするときにも、別居して長期間が経過したら、「夫婦関係が破綻している」として、離婚を認めてもらえるケースもあります。  

2-6.調停、裁判をする

別居をしても相手が離婚に応じない場合には、離婚調停や離婚訴訟によって離婚を実現する必要があります。 調停をすると、調停委員が間に入ってくれるので、相手も折れて離婚しようと考えることがあります。訴訟では、相手が応じなくても法律上の離婚原因があったら、裁判所が離婚を認めてくれます。 調停や訴訟を行うときには、弁護士の力を借りないと不利になってしまうおそれが高いので、必ず離婚問題に強い弁護士に相談をして、代理人になってもらいましょう。   今回は、相手が離婚に応じない場合の対処方法をご紹介しました。 弁護士に相談しながら相手と交渉を進め、場合によっては弁護士に代理交渉してもらったり、調停や訴訟を依頼したりして、確実に有利な条件で離婚をしましょう。