pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

賢い離婚の仕方とは?

離婚により、その後の人生が開ける人と、落ち込んでしまう人がいます。このような違いが生じるのは、離婚時に将来を見据えて、上手に対処したかどうかによります。離婚をするならば、賢く手続きを進めて有利な条件で離婚をするべきなのです。 そのように言われても、「具体的にどのようにしたらいいの?」と思われることでしょう。 そこで今回は、賢い離婚の方法をするための方法について、解説します。  

1.離婚に成功する人と失敗する人

離婚には、成功するパターンと失敗するパターンがあります。 そのようなことを言われると「相手と別れるだけなんだから、同じでしょ?」と思われるかも知れません。しかし、賢く離婚するかしないかで、天と地ほどの違いが発生します。

1-1.成功する人

離婚に成功する人は、たとえば離婚前からしっかりと離婚後の生活設計を立てています。そして、自分がもらえる慰謝料や財産分与を確実にもらって離婚をするので、離婚後も生活に困ることはありません。また、親権者になりたい場合には確実に親権を取得できるよう準備しますし、養育費についての取り決めもします。 そして、離婚後には余裕のある生活ができるので、自分の好きなことに取り組んで、飛躍していけることもあります。

1-2.失敗する人

離婚に失敗する人は、離婚前に何の準備もしませんし、予定も立てません。感情的になって、相手と言い合いの末、やみくもな条件で離婚をします。相手とトラブルになって訴訟になり、多額の財産分与や慰謝料の支払をしなければならないケースもあります。 離婚後も、生活設計ができていないのでお金に困ってしまうことがありますし、子どもとも別れ別れになって天涯孤独になってしまうこともあります。 お金があっても自暴自棄になって、身を持ち崩してしまう人もいます。   このように、同じ「離婚」でも、対処方法によって大きな違いが発生してきます。賢く離婚することの重要性を理解していただけたでしょうか?  

2.知識を得る

それでは、賢く離婚をするためには、具体的にどのように対処すれば良いのでしょうか? まずは、離婚についての知識を得ることが何より重要です。 そもそも自分たちのケースで離婚ができるのか、離婚時に相手にどのような請求をすることができるのかを把握しましょう。 たとえば、相手が不貞をしているなら、慰謝料請求ができますし、夫婦共有財産があったら財産分与の請求ができます。 子どもの親権をとりたいなら、自分のケースで有利なのか不利なのかを調べて知っておくべきですし、養育費をいくら請求できるのかも調べておくべきです。 このように、正しい知識を持っていることは、何よりの武器になります。 自分だけでは知識が不足しがちなので、弁護士に相談してアドバイスを受けましょう。

3.急がず粘り強く交渉する

離婚についての知識を得たら、相手と離婚の交渉をしなければなりません。このとき、焦ったり急いだり感情的になったりするのは厳禁です。このような対処をすると、とたんに不利になってしまうためです。急ぐと自分が譲らざるを得なくなりますし、感情的になると正しい判断ができなくなります。 離婚の交渉をするときには、正しい知識を前提として、自分が請求できる権利を確実に実現できるよう、お金の請求なら正当な金額の支払いを受けられるよう粘り強く交渉をすべきです。子どもの親権も、諦める必要はありません。 自分一人ではうまく交渉出来ない場合、弁護士に依頼して代理で交渉をしてもらうと効果的です。  

4.お金を貯める

賢く離婚をすすめるためには、お金も必要です。たとえば専業主婦などの場合、離婚交渉を始めたら相手から生活費の支払いを受けられなくなったり、今までより減額されてしまったりすることが多いです。また、別居するなら、引っ越し費用や新しい家の敷金、賃料等も必要になります。 このようなとき、手元にお金がなかったら、離婚交渉以前に生活ができなくなってしまいます。離婚話を進める前には、できれば100万円くらいは貯めておくと安心です。  

5.離婚後の生活設計を立てる

離婚で失敗するパターンの1つとして、離婚後の生活を全く考えていないという例があります。たとえば子どもを引き取る場合、離婚後子どもをかかえて生活していくためには多額の費用がかかります。それにもかかわらず、小さい子どもがいると、なかなか自由に働けず就職先も限定されてしまいがちです。近年のシングルマザーの貧困問題なども、このようなことが原因になっています。 そこで、離婚をするときには、離婚後の生活についてもしっかりと考えておくべきです。 どこに住んで、どんな仕事をして、どのくらいのお金を稼いで、相手からどのくらいの養育費をもらうのか、行政からどのくらいの補助が受けられるのかなど、事前にしっかり調べて予定しておきましょう。

6.弁護士に相談する

賢く離婚をすすめるためには、何より弁護士の助けが重要です。 離婚には、多くの法律が関わるためです。慰謝料や財産分与、養育費や親権などはすべて法律問題ですし、相手が離婚に応じない場合や離婚条件で合意出来ない場合には、弁護士に依頼して調停や訴訟をしなければなりません。 自分一人で間違った判断をしてしまうと、不利になってしまうことが必須です。   弁護士に相談をするときには、離婚問題に強い弁護士を選ぶことが重要です。後悔しない離婚を実現するためにも、早めの段階で弁護士に相談しておきましょう。