pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

離婚で慰謝料を請求された場合の対処方法

離婚をするとき、配偶者から慰謝料請求されることはよくあります。予想外に高額な慰謝料を請求されると、焦ってしまうことでしょう。そんなとき、どのように対処すべきか知っておく必要があります。 そもそも慰謝料を支払わなくて良いケースもありますし、支払うとしても、相手の言い値で応じる必要はありません。 今回は、離婚の際に慰謝料請求をされた場合の対処方法について、解説します。  

1.まずは、慰謝料支払い義務があるかどうかを確認する

離婚をするとき、配偶者から突然多額の慰謝料を請求されたら、まずは何をすべきでしょうか? この場合、まずは慰謝料支払い義務が本当にあるのかどうか、確認する必要があります。 世の中には、慰謝料を請求する権利がなくても、慰謝料を支払ってほしいと言う人が意外とたくさんいます。たとえば、養子縁組していたら(婿入りしているケース)、離婚の際に慰謝料請求ができると考えている男性もいますし、離婚すると、女性は常に慰謝料請求できると考えている女性もいます。 しかし、法的に慰謝料請求できるケースは限られています。それは、配偶者の一方に有責性がある場合です。 有責性とは、離婚原因を作り、夫婦関係を破綻に導いたことです。夫婦関係を破綻に導き、相手に精神的苦痛を与えたからこそ、始めて慰謝料支払い義務が発生します。 具体的には、不貞(不倫・浮気)したケース、DVやモラハラ行為をしていたケース、相手を悪意で見捨てたケースなどで慰謝料が発生します。それ以外の性格の不一致や相手の実家との不仲、子どもの教育方針の対立などの理由での離婚では、慰謝料は発生しません。 慰謝料が発生しないのに相手が慰謝料請求してきているなら、はっきり断ればそれだけで済みます。相手が調停や訴訟を起こしても、慰謝料を支払う必要はありませんし、支払い命令も出ません。

2.相手が証拠を持っているかどうかを探る

自分が不倫をしていたり、DVや悪意の遺棄をしていたりなど、思い当たる事由があり、慰謝料支払い義務があるとしても、必ずしも慰謝料を支払わなければならないとは限りません。相手が慰謝料発生原因についての証拠を持っていないなら、最終的に裁判になったとしても相手は証明ができないので、慰謝料支払い命令が出ないからです。 そこで、相手から慰謝料請求をされたら、相手が証拠を持っているかどうかを探りましょう。たとえば、不倫していることを疑われているなら、どこまで事実をつかまれているのかが重要です。興信所の調査報告書をとられて明確な証拠をつかまれていたら、言い逃れをすることが難しくなりますが、単なる相手の推測であるケースや、メールを見られただけのケースなどでは、いくらでも言い逃れできる可能性があります。

3.慰謝料の金額が妥当かどうか、検討する

相手が証拠を持っているとしても、相手の言うとおりの金額になるかどうかは別問題です。 慰謝料の金額には、相場があるので、相場を超えた法外な金額の慰謝料を支払う義務はありません。 たとえば、不貞の慰謝料の場合、婚姻期間が短ければ100万円程度にしかなりませんし、婚姻期間が10年の夫婦の場合で300万円くらいまでです。 相手の態度にも問題があった場合や不貞以外にも夫婦関係破綻の理由があった場合などでは、適宜減額されます。 そこで、相当な慰謝料の金額は、ケースごとに検討しなければなりません。相手が相場の金額を外れて500万円や1000万円などの慰謝料を請求してきたとしても、応じる必要はありません。 もし、相手が法外な慰謝料請求をしてきたら、はっきりと断り、相場の範囲内で支払うよう交渉しなければなりません。

4.慰謝料を支払えるかどうか、検討する

慰謝料を支払うことを前提に交渉をするとしても、自分が支払える範囲に設定することが重要です。 相手の迫力に押されて、不可能な金額の約束をしてしまうと、結局支払いができなくなって、双方が苦しい思いをするだけです。 総額を高くしすぎないことも重要ですが、月々の分割払いの金額も、支払いが出来る額に抑えましょう。特に、養育費と慰謝料の支払いが重なると、月々の支払額が大きくなりすぎて、離婚後の自分の生活が成り立たなくなる例があるので、注意が必要です。早く離婚問題を解決させたいという気持ちはわかりますが、焦らずに、「必ず支払える範囲でしか、約束しない」ことがとにかく重要です。

5.公正証書について知っておく

慰謝料の支払いを約束するとき、相手は「離婚公正証書を作成してほしい」と言ってくる可能性が高いです。ただ、離婚公正証書にすると、不払いを起こしたときに、いきなり給料等を差し押さえられてしまいます。公正証書を作成したら、必ず支払いを継続しないと、大変な状況に陥るという理解と不利益を受け入れる覚悟が必要です。 そこで、公正証書を作成するかどうかは、慎重に検討しなければなりませんし、もし作成するなら、「絶対に支払える範囲の約束しかしない」ことがなおさら重要となります。 離婚の際、相手から無理な慰謝料請求をされたら、「支払える範囲でしか約束できない。もし、無理をして途中で支払えなくなったら、そちらにも迷惑をかけてしまうので、できない」と言って、粘り強く減額交渉を続ける必要があります。   以上のように、離婚の際に慰謝料請求をされたら、いろいろと検討しなければならないことがあります。対応に困ったら、弁護士に相談してみて下さい。