pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

離婚後の慰謝料請求における注意点

離婚をするときには、「とにかく早めに離婚したい」と思い、慰謝料の話し合いをしないことがあります。この場合、離婚後に慰謝料請求することができるのでしょうか? 離婚後の慰謝料請求には期限もあり、いくつか押さえておきたい注意点があります。 そこで今回は、離婚後の慰謝料請求における注意点を解説していきます。  

1.離婚後も、慰謝料請求は可能

そもそも、離婚後にも慰謝料請求することはできるのでしょうか? 答えはYESです。 離婚時に支払を求めることができる慰謝料は、損害賠償請求権にもとづくものです。 相手の不法行為によって、離婚を余儀なくされたため、その精神的苦痛にもとづく慰謝料を支払ってもらうことができるのです。 このように、相手による不法行為が成立している以上、離婚をした後であっても不法行為にもとづいて離婚慰謝料を請求することができます。

2.離婚後の慰謝料請求ができる場合

ただ、どのようなケースでも離婚慰謝料を請求できるとは限りません。離婚慰謝料は、相手に有責性があるケースでしか認められないものだからです。 つまり、相手に離婚原因を作った責任がある場合にしか、慰謝料は発生しません。性格の不一致などで、単に不仲になって離婚した場合などには、そもそも慰謝料が発生しません。そこで、離婚後にも当然慰謝料請求することができないのです。 離婚後、慰謝料請求ができるのは、以下のようなケースです。 婚姻中に、相手が他の異性と不貞をしていたのであれば、離婚後も慰謝料請求をすることができます。 婚姻中に、DVやモラハラを受けていた場合には、離婚後も相手に慰謝料請求ができます。 悪意の遺棄とは、悪意をもって見捨てることです。たとえば、相手が勝手に家を出ていいって生活も払ってくれない期間が続いていた、というケースでは、離婚後も相手に慰謝料請求することができます。 その他の場合でも、相手に有責性があれば慰謝料請求できる可能性はあるので、個別の悩みでわからないことがあったら、弁護士に相談してみると良いでしょう。

3.離婚後の慰謝料請求の期限

離婚後、慰謝料請求をするときには期限があることに注意が必要です。不法行為にもとづく損害賠償請求権には3年の時効があるので、3年以内に請求しなければなりません。離婚慰謝料の場合、離婚と同時に請求できるものですから、離婚時から3年経つと、請求権がなくなってしまいます。 離婚慰謝料を請求したいなら、早めに請求して回収してしまう必要があります。

4.離婚後に相手の不貞が発覚した場合は?

離婚後の慰謝料請求をする場合、多いのは相手の不貞を原因とするパターンです。 このとき、離婚後に相手の不貞が発覚したときにも慰謝料を請求できるのか?という疑問を持たれることがよくあります。 この場合でも、慰謝料請求は可能です。そもそも不貞自体が違法行為だからです。 そしてこの場合、時効の起算点(時効のカウントを開始する時期)も変わってきます。 損害賠償請求権の時効は、損害を知ってから3年ですから、基本的に、相手の不貞を知ってから3年以内であれば、離婚慰謝料を請求できることになります。離婚後に不貞を知ったら、その時点から3年をカウントすれば良いことになります。

5.不貞相手にも同時に慰謝料請求ができる

配偶者の不貞を理由として、離婚慰謝料を請求するときには、不貞相手にも同時に慰謝料請求することができます。 不貞は、配偶者と不貞相手の2人が共同して行う、共同不法行為だからです。 共同不法行為が成立するときには、相手全員に対して同時に損害賠償請求をすることができます。 この場合、どちらにどれだけの慰謝料を請求できるのかも問題です。 2人以上の人が1つの原因で不法行為責任を負う場合、その関係は連帯責任となります。そそこで、不法行為者全員に対し、全額の賠償金の請求をすることができます。 離婚後に元配偶者と不貞相手に慰謝料請求をするときにも、2人に対し、それぞれ全額の支払いを請求することができます。半額ずつなどにする必要はないので、覚えておくと良いでしょう。

6.離婚後の場合、証拠を集めるのが難しくなることが多い

離婚後に慰謝料請求をするときには、不法行為の証拠を集めるのが難しくなりがちです。 たとえば離婚前なら、相手の不貞が進行中で、一緒に住んでいるのですから、相手のメールや写真、興信所の利用などによって証拠を集めやすいですが、離婚後となると、そういうわけにもいきません。 DVなどでも同じで、離婚後は、今からDVを受けることがないので、新たに病院で受診したり写真を撮ったりすることはできません。  

7.離婚後の慰謝料請求の方法

離婚後に慰謝料請求をする方法をご説明します。 まずは、相手や不貞相手と話合いをすると良いでしょう。 穏便に話を持ちかけても支払ってくれそうもないなら、内容証明郵便を送付して、慰謝料請求をしましょう。 それで、話合いができたら支払をしてもらうことができます。 話ができないなら、裁判が必要です。 離婚慰謝料の請求を行う裁判所は、地方裁判所です。離婚裁判は家庭裁判所であり、慰謝料請求とは管轄が異なるので注意が必要です。裁判を一人で進めるのは難しいので、良い結果を得るためには弁護士に依頼するのが得策です。   今回は、離婚後の慰謝料請求について、解説しました。 離婚後も慰謝料請求ができますが、その期間は離婚後3年です。 離婚したけれども、「やっぱり慰謝料請求できるのでは?」と考えて悩んでいるなら、まずは一度、弁護士に相談してみることをお勧めします。