pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

離婚慰謝料の相場をケースごとに解説!

夫婦が離婚をするときには、慰謝料が発生することがありますが、実際に慰謝料請求しようとしたときに「いくらにしたらいいんだろう?」と疑問を感じる方が非常に多いです。 離婚協議を有利に進めるためには、離婚慰謝料の相場を把握することが非常に重要です。 今回は、離婚慰謝料の相場や増減額される場合について、ケースごとに解説します。  

1.離婚慰謝料が発生するケース

離婚をするときには、どのような場合でも慰謝料が発生するわけではありません。慰謝料とは、不法行為により、相手が受けた精神的損害に対する賠償金です。そこで、慰謝料が発生するためには、配偶者に故意過失にもとづく違法行為があり、それによって精神的苦痛を受けたことが必要となります。   離婚する場合には、どちらかが婚姻関係を破綻させた有責行為がある場合に慰謝料が発生します。わかりやすく言うと「どちらかが悪い場合」に慰謝料が発生すると考えるということです。単なる性格の不一致などで離婚する場合には、どちらが悪いとも言えないため、慰謝料は発生しません。   慰謝料が発生するのは、配偶者が不貞(不倫や浮気のこと)をしていた場合、DVやモラハラがあったとき、悪意の遺棄(相手を見捨てること。生活費の不払いなど)があったとき、性交渉の不当な拒絶(セックスレス)があったときなどに限られてきます。   そして、慰謝料の相場の金額は、それぞれの慰謝料発生原因によって異なります。

2.不貞の慰謝料の相場

不貞とは、配偶者以外の異性と性交渉をすることです。一般的には「不倫」や「浮気」と言われますが、不貞と言うためには、肉体関係があるところまで必要です。 そして、不貞の慰謝料の相場は、だいたい100万円~500万円です。ときにはそれより大きな金額になるケースもあります。  

3.DV、モラハラの慰謝料の相場

配偶者が相手に暴力を振るっていたケースや、相手を不当に貶めたり人格否定する発言を繰り返したりしてモラハラ行為を行っていた場合には、慰謝料が発生します。 このような場合、慰謝料の相場は50万円~300万円程度です。

4.悪意の遺棄の慰謝料の相場

配偶者に対して生活費を支払うのを辞めたり、理由なく同居を拒否して家を出て行ったりした場合、結婚後一度も同居していていない場合などには、悪意の遺棄が成立します。 この場合の慰謝料の相場は、だいたい100万円~300万円程度です。

5.セックスレスの慰謝料の相場

セックスレスでも慰謝料が発生することがあります。ただ、セックスレスで慰謝料が発生するためには、不当に性交渉を拒絶したことが必要です。病気や高齢で性交渉ができない場合などには、慰謝料は発生しません。 セックスレスの慰謝料の相場は、だいたい50万円~300万円程度です。

6.慰謝料が増額されるケース

標準的な慰謝料の相場は上記で紹介した通りですが、かなり幅があると感じたのではないでしょうか? 以下で、慰謝料はどういった場合に高額になるのか、ご説明します。

婚姻期間

夫婦の婚姻期間が長いと、慰謝料は高額になります。たとえば不貞の場合、婚姻期間が2年程度なら慰謝料は100万円程度にしかなりませんが、婚姻期間が10年を超えると、 慰謝料は300万円程度になることが多いです。

問題の行為の期間の長さ

問題となる行為の期間が長いと、慰謝料は上がります。たとえば、不貞や暴力の期間が長くなると、慰謝料は高額になります。

問題の行為の態様

問題となる行為が悪質な場合には、慰謝料が上がります。たとえば、積極的に不貞行為が行われていて、しょっちゅう家を開けて不倫相手にお金をつぎ込み、家庭生活に大きな影響を与えていた場合などには慰謝料が高額になります。

未成年の子どもの有無、人数

夫婦の間に未成年の子どもがいると、子どもがいない夫婦より慰謝料が上がります。子どもの人数が増えると、さらに慰謝料が高額になります。

被害者が病気になった

相手の有責行為によって、被害を受けた配偶者が病気になった場合には、慰謝料が上がります。たとえば、長年の相手の不貞行為やDV行為によってうつ病になった場合などです。

被害者が仕事を辞めた

相手の有責行為によって、被害者が仕事を辞めるケースがあります。うつ病になって仕事を続けられなくなることもありますし、不貞相手や相手と職場が同じなので、辞めざるを得なくなることもあります。このように、相手の有責行為がきっかけで被害者が職を失うと、慰謝料が上がります。

被害者が無職無収入(専業主婦)

被害者が無職無収入の場合などには、離婚後の生活不安があるため、慰謝料が高額になります。

加害者の年齢が高い

有責行為を行った配偶者の年齢が高いと、慰謝料は高額になります。年齢が高ければその分分別を持っているべきなのに、それを果たさなかったと評価されるからです。

加害者の社会的地位が高い

加害者の社会的地位が高い場合(大学教授や会社経営者、医師など)にも、慰謝料が高額になります。この場合も、社会的地位にふさわしい判断力が要求されるためです。

加害者の収入が高い

加害者の収入が高いと、慰謝料の支払い能力も高くことなどから、慰謝料の金額が上がります。     以上のように、離婚時に慰謝料が発生する場合には、慰謝料の相場を知って適切に請求を行う必要があります。 自分では適切に計算ができない場合には、離婚問題に強い弁護士に相談しましょう。