pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

離婚弁護士の費用はどのくらい?

離婚をするときには、なるべく有利に進める必要があります。離婚後「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、専門家である弁護士の力を借りる必要性が高いです。 弁護士に依頼すると弁護士費用がかかりますが、離婚弁護士の費用はどのくらいかかるものでしょうか? 今回は、離婚弁護士の費用と正しい考え方について、解説します。  

1.離婚弁護士の費用の種類

弁護士に離婚の各手続きを依頼するときにかかる費用には、いくつかの種類があります。 1つは法律相談料、2つ目は着手金、3つ目が報酬金です。それ以外に実費も必要です。 法律相談料とは、当初に弁護士に離婚相談をするときにかかる費用です。 着手金とは、弁護士に何らかの手続を依頼したとき、当初に必要な費用です。 報酬金は、事件が解決されたときにかかる費用です。 実費は、裁判所に支払う印紙代や郵便切手などの費用であり、依頼者が自分で手続を進めても必要な費用です。

2.法律相談料

法律相談料の相場は、30分5000円(+税)です。ただ、実際にはたくさんの法律事務所で離婚の無料相談を実施しているので、支払わずに済ませることは可能です。

3.着手金

着手金の相場は、依頼する手続の種類と、依頼する事務所によって異なりますが、相場は以下のとおりです。  

4.報酬金

報酬金も、依頼する事務所によって異なります。また、解決結果の内容により、大きく変わってきます。 どこの事務所でも、基本の報酬金が必要です。相場は、30万円~60万円程度となっています。   これに足して、相手から財産分与や慰謝料などの金銭支払いを得られた場合、獲得できた金額に応じて報酬金が加算されます。多くの事務所では、「旧報酬基準」という弁護士会が過去に定めていた基準に従っています。旧報酬基準は、以下の通りです。 得られた経済的利益が   子どもの親権を争っていた場合には、親権がとれたら報酬金が加算されることがありますし、養育費の支払い約束ができた場合にも、金額に応じて加算があります。  

5.実費

実費は、実際にかかる費用なので、どこの弁護士事務所に依頼しても同じ金額がかかります。 協議の場合には、実費はあまりかかりません。当初に内容証明郵便を発送するために数千円程度かかる程度です。 離婚調停をするときには、家庭裁判所に支払う収入印紙代と郵便切手代、交通費で5000円~1万円程度です。 訴訟になると、相手に対する請求内容によって異なる金額の収入印紙が必要です。単純に離婚請求をするだけでも13000円が必要ですし、慰謝料を請求するならさらに多くの費用が必要です。郵便切手も6000~7000円くらいかかるので、合計で数万円はかかるとみておきましょう。

6.着手金は、手続きの種類ごとにかかる

離婚手続を弁護士に依頼するとき、複数の手続きが必要になることがあります。 たとえば、当初に協議を依頼して、その後調停となり、その後訴訟になったケースなどです。このように、複数の手続きを行う場合には、着手金がその都度(協議と調停と訴訟の3回)かかるので、注意が必要です。 そして、弁護士によっては、引き続いて手続きを受任する際、割引きを行うことがあります。たとえば、基本は協議離婚の着手金が20万円、調停の着手金が40万円の事務所において、協議離婚から引き続いて調停を依頼すると調停の着手金が20万円になる(半額になっている)場合などがあります。 そこで、離婚事案を弁護士に依頼するときには、当初の費用が安いかどうかだけではなく、手続きが進んだ場合に着手金の割引きがあるかどうかについても、先に確認しておくと、賢く弁護士選びができます。

7.費用が明確であることが第一

離婚だけには限りませんが、弁護士に何らかの手続きを依頼するときには、費用が明確であることが最も重要です。 弁護士への依頼前に、必ず見積もりを出してもらい、納得してから委任契約書を締結しましょう。手続きが調停や訴訟に進んだ場合に、それぞれどのくらい追加の着手金がかかるのか、最終的に解決ができた場合にどのようにして報酬金を計算するのかなど、明確に説明してくれる事務所を選びましょう。

8.安い=良い弁護士とは限らない

弁護士を探すとき、どうしても、費用が安い事務所を探してしまいがちです。しかし、安いからといって良い弁護士とは限りません。 離婚を有利に進めるためには、離婚問題に精通していてノウハウも持っている敏腕の弁護士を選ぶ必要があります。また、離婚という個人的でナイーブな内容を任せるのですから、親身になって対応してくれる姿勢も重要です。 そこで、費用が安いだけではなく、実績や相談時の対応などを総合的に評価して、信頼できる弁護士を選ぶことが大切です。   以上のように、離婚弁護士を探すときには、まずは費用体系が明確であること、費用がリーズナブルであること、さらに離婚問題に精通しており、依頼者の立場に立って考えてくれる、良い弁護士を選ぶことが重要です。 当サイトにはそういった離婚問題のスペシャリストの弁護士が揃っているので、離婚を相談したい場合には、是非とも一度、ご利用下さい。