pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

離婚調停を弁護士に頼むメリット

離婚するとき、自分たちで話し合っても合意できない場合には、離婚調停をしなければなりません。離婚調停は、自分一人で進めることも可能ですが、弁護士に依頼する方がたくさんのメリットを得ることができます。 この記事を読めば、みなさまもきっと「離婚調停を一人で進めるのはやめておこう!」、と考えることでしょう。 そこで今回は、離婚調停を弁護士に依頼するメリットをご紹介します。  

1.手間が省ける

「離婚調停は、裁判と違って一人でする人もたくさんいるんだから、私の場合も自分一人でできるのでは?」 そのように考えている方もおられるでしょう。 ただ、離婚調停は、結構手間がかかります。 調停を申し立てたいとき、まずは家庭裁判所に行って調停申立の説明を聞き、調停申立書のひな形をもらってきます。そして、調停申立書を作成して、戸籍謄本などの必要書類を揃えます。その上で、収入印紙と郵便切手を購入して、裁判所に提出します。その後裁判所から呼出状が来るので、裁判所に行って話をする、という流れになります。何かあったら裁判所から連絡が来るので、いちいちやり取りも必要です。 弁護士に依頼していたら、このような煩雑な手続きを全てしてもらえます。調停申立書作成、申し立ての手続き、裁判所との期日の調整やその後の連絡など、すべて弁護士に任せられるので、依頼者はほとんど何もしなくても良いのです。このことは、調停を弁護士に依頼する大きなメリットの1つです。

2.調停委員を味方につけやすい

離婚調停を有利に進めるためには、調停委員を味方につけることが重要です。 調停委員は、当事者の間に入って離婚を進める人ですが、人間ですからどうしても片方に肩入れすることもあります。 こちらに弁護士がついていると、説得的に調停委員に対して意見を言ってくれるので、調停委員もこちらの意見になびきやすいのです。特に相手が弁護士を雇わず自分で対応していたら、弁護士がついているこちらが圧倒的に有利になりやすいです。

3.間違った判断をせずに済む

離婚調停では、いろいろな選択を迫られます。慰謝料や財産分与をいくらにするのか、子どもの親権をとるのか譲るのか、住宅ローンをどうするのかなど、重要な問題が目白押しです。相手から意見が出されたら、それを受諾するのか断るのかも決めなければなりません。こうした重大な決断の場面において、自分一人だとどうしても判断を誤ってしまうおそれがあります。弁護士がついてくれていたら、いつでも正しい判断ができるので、後に不利益を受けることがなくなり、安心です。

4.話下手でも不利にならない

離婚調停は、書面を余り使わず、口頭で進んでいく手続きです。専門的な書面が要らないから、当事者が1人でも利用しやすいのです。 このことは、裏を返せば、しゃべるのが上手な人ほど有利になりやすいということです。話し下手で自分の主張をうまくできない人は、正しいことを言っていても、調停委員に理解してもらえずに不利になってしまうおそれがあります。 ここで弁護士を雇っていたら、弁護士が代わりに必要十分な内容の意見を展開してくれるので、調停委員に十分自分の意見を伝えることができます。 弁護士に依頼すると、話し下手な人も安心して調停を利用できます。

5.精神的に安定する

離婚調停をするときには、精神的にも大きな負担がかかります。 そもそも離婚の話をすること自体が嫌なことですから、朝から気分が憂鬱かもしれません。実際に調停に行っても、自分の意見を調停委員に伝えるのに四苦八苦しますし、調停委員の対応にイライラすることもあります。相手から思ってもみなかったような反論が来て、驚いたり憤ったりすることも多いです。重大な判断を迫られて、精神的に圧迫されることもあるでしょう。1人で調停に臨むと心細いことがたくさんあります。 ここで弁護士に依頼していると、必要なことはすべて弁護士が言ってくれますし、相手が酷いことを言ってきても、弁護士が反論してくれます。 自分は法律に詳しくなくても、法律のプロである弁護士が味方になってくれているという大きな安心感を得ることができるのです。 このように、精神的に楽になることも、弁護士に依頼する大きなメリットの1つです。

6.弁護士が一緒に行動してくれて、身の安全が守られる

離婚調停を利用する方の中には、絶対に相手と顔を合わせたくないという方がいます。もちろん調停では相手と同じ部屋で話をすることがないのですが、裁判所ですれ違ったり、裁判所からの行き帰りで相手と鉢合わせたりするのも嫌、と言うケースもあります。DV被害を受けていて、相手と顔を合わせると襲われるかもしれないこともあるでしょう。 このような場合、弁護士に調停を依頼すると、弁護士が別室調停の手続きをとってくれますし、行き帰りの時間もずらしてくれます。 また、裁判所の手前の駅などで弁護士と待ち合わせをして一緒に裁判所に行き、裁判所では弁護士がずっと一緒に行動してくれるので安全が守られます。 DV事案ほどの特殊なケースでなくても、裁判所という特殊な環境で、弁護士が一緒にいてくれることには安心感があるでしょう。   このように、離婚調停は弁護士に依頼すると、いろいろな意味で有利になりますし、精神的にも余裕が生まれて良い判断ができるものです。 離婚調停をしようとしている方、離婚調停中の方は、お早めに離婚問題に強い弁護士に相談することをお勧めします。