pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

単身赴任が原因で離婚したい場合の手順とは?

夫婦が離婚する理由はさまざまですが、相手や自分が単身赴任している場合でも、離婚につながりやすいです。しかし、離婚を求めても、相手が離婚に応じてくれないことがあります。その場合、どのようにしたら良いのでしょうか? 以下では、単身赴任が原因で離婚する手順をご説明します。  

1.単身赴任すると、離婚につながりやすい

夫婦の一方が単身赴任をしていると、離婚につながりやすいです。 単身赴任していると、お互いの生活が完全に別々になってしまうからです。お互い、特に意識をしなければ、コミュニケーションをとることもありません。また、相手の目が届かないので、浮気も非常にしやすい状態になってしまいます。自分が浮気をしていて離婚したくなることもありますし、相手が浮気をしていることを知って離婚したくなることもあります。さらに、相手のいない生活が普通になってしまうので、相手の必要性を感じなくなってしまうこともあります。 このように、単身赴任がきっかけで、夫婦の一方または双方が離婚を考え始めることは非常に多いのです。  

2.単身赴任は、基本的に離婚原因にならない

単身赴任をきっかけに離婚したいと思っても、相手が離婚に応じてくれるとは限りません。 そのような場合、最終的には裁判によって離婚を認めてもらう必要があります。単身赴任は、離婚理由になるのでしょうか? 法律上の離婚原因は、以下の通りです(民法770条1項各号)。 単に「単身赴任している」というだけでは、上記の事由に該当しないことが明らかです。

3.単身赴任で、離婚理由が認められるケース

ただし、単身赴任で、法律上の離婚理由が認められるケースもあります。それは、以下のような場合です。

3-1.相手の不倫

まずは、相手が不倫している場合です。単身赴任していると、単身赴任している方も家に残っている方も、違う異性と交流しやすくなります。相手が不倫していると、法律上の離婚原因である「不貞」に該当するので、離婚請求することができます。

3-2.生活費の不払い

相手が単身赴任していてこちらが専業主婦のケースなどでは、相手から生活費の送金を受けて生活しているものです。このようなケースで、相手が生活費を支払わなくなったら、「悪意の遺棄」となります。この場合にも、法律上の離婚原因に該当するので、離婚ができます。

3-3.長期間の別居期間が続くと、離婚できることもある

これ以外にも、単身赴任の期間があまりに長くなり、10年以上に及んだ場合で、その間夫婦間のコミュニケーションがほとんどなく、夫婦としての実態がなくなっていた場合などには、「その他婚姻関係を継続し難い事由」があるとして、離婚が認められる可能性があります。

4.まずは、相手と話し合う

次に、単身赴任をきっかけに離婚するための手順を確認していきましょう。 離婚をするときには、協議離婚が基本です。そこで、まずは相手に対し、離婚したいという意思を伝えて、離婚の話合いを進めていくべきです。 単身赴任中の場合、相手は離婚を望んでおらず、離婚の話を切り出すと驚かれたり拒絶されたりすることが多いです。そこで、なぜ離婚したいのか、もう夫婦としてやっていく気持ちがないことなどを伝えて相手を説得する必要があります。   また、相手が離婚を了承したら、離婚条件も決めなければなりません。夫婦間に財産があったら財産分与が必要ですし、未成年の子どもがいたら、親権者も決定して養育費を定めないといけません。相手や自分が不倫をしている場合などには、慰謝料も発生します。   財産分与の基準時は、基本的に別居時となるので、単身赴任の場合には、単身赴任開始時の財産額を基準とすることになります。子どもの親権については、通常は、現在子供を育てている方が取得することになりますが、話合いにより、異なる結果にすることも可能です。  

5.どうしても離婚したいなら、解決金を支払うのも1つの方法

単身赴任をきっかけに離婚したい場合、相手がどうしても離婚を了承しないことがあります。この場合、特に法律上の離婚事由がないなら、裁判をしても離婚することはできません。また、自分が不倫していて離婚をしたいときには、相手が高額な慰謝料を請求してくることもあるでしょう。この場合、有責配偶者からの離婚請求は認められないので、基本的に相手が納得しないと、やはり裁判をしても離婚することができません。   そこで、上記のようなケースでは、離婚するために、相手に対してある程度まとまった額の解決金や慰謝料を支払うことが必要になることも覚悟しておくべきです。

6.離婚調停・訴訟を起こす

話合いではどうしても解決できない場合には、離婚調停を行う必要があります。 調停でも合意ができない場合には、離婚訴訟を起こします。ただ、法律上の離婚原因がない場合には、裁判をしても離婚ができないため、しばらく別居期間をおいて様子を見ないといけない場合もあります。   相手に不倫などの有責性がない場合、単身赴任で離婚をするためには、相手との交渉や調停による話合いが中心になると考えると良いでしょう。このとき、なるべく交渉のうまい弁護士に交渉を依頼することにより、有利な条件で離婚することが可能となります。 単身赴任をきっかけに離婚を考えているなら、まずは離婚問題に強い弁護士に相談してみることをお勧めします。