pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

モラハラの原因と対策方法

結婚前は優しかったのに、結婚すると突然または徐々に、モラハラ行為を行う配偶者がいます。暴力とも異なる精神的な抑圧行為であるモラハラですが、どうしてこのような行為が行われてしまうのでしょうか? 今回は、モラハラの原因と対策方法を解説します。  

1.モラハラとは

モラハラとは、相手の人格を否定することにより、相手を精神的に攻撃する行為です。「モラル・ハラスメント」の略で、モラハラです。 DVとは異なり、実際に身体に対して暴力を振るうことはありませんが、「お前はダメな人間だ」「お前は俺がいないと何もできない」など、相手を貶める言葉を投げかけ続けたり、過剰に束縛したりいて、相手を精神的に追い詰めていきます。 モラハラ被害を受けている妻は、モラハラが行われていることに気づかず、自分が悪いと思い込んでいることもあります。 あまり酷いモラハラが行われると、妻が耐えられなくなって離婚することも多いです。

2.モラハラは、結婚後に始まる

モラハラは、結婚後に始まるのがセオリーです。結婚前からモラハラを行う夫はほとんどいません。そこで、多くのモラハラ被害者は「結婚前は優しかったのに、豹変してしまった」と感じます。 また、結婚前に優しかった思い出があるため「自分が悪いから夫が変わってしまった。自分がきちんとしていたら、夫は以前のように優しい人に戻ってくれるかも」と期待してしまいがちです。このことで離婚をしないため、モラハラ被害が結果的に長期にわたることも多いです。

3.モラハラは、離婚原因になり、慰謝料も発生する

配偶者から酷いモラハラが行われた場合には、離婚原因となります。モラハラも、DVと同様、暴力の一種(精神的暴力)と考えられているためです。 また、モラハラを行った配偶者は、婚姻関係の破綻を導いた「有責性」があると考えられます。 そこで、モラハラを理由として離婚をするときには、相手に慰謝料請求することができます。

4.モラハラの原因

このように、離婚や慰謝料の原因にもなるモラハラですが、人はどうしてモラハラ行為に及ぶのでしょうか?これには、いくつかの理由があると考えられています。

4-1.親の過保護や過干渉

モラハラ夫の親は、過保護・過干渉であることが多いです。 子どもの頃からずっと過保護な母親に守られてきたので、自分一人で物事を考えて行動することが身についていません。また、妻に対しても、母親と同じように自分を第一に考えてくれることを要求します。自分を否定されていることに慣れていないため、妻が反対の意見を述べるとキレやすくなります。

4-2.育児放棄や虐待を受けていた

子どもの頃、育児放棄や暴力などの虐待行為を受けていると、自分を大切にしようという自己肯定感を持てないまま大人になってしまいます。すると、常に自分が受け入れられないという感覚を持ち、周囲に心を開けず、劣等感を持ちながら、社会内で過ごすことになります。家庭内で、妻に対しては、日頃溜め込んでいる劣等感を爆発させてしまうため、モラハラ行為に及んでしまいます。  

4-3.親もモラハラをしていた

子どもの頃、自分の親がモラハラをしていた場合、その子どもは大人になったとき自分がモラハラをしてしまいがちです。人は、子どもの頃見ていた家庭環境を「普通のこと」だと感じ、その人の人格形成の素地になってしまうためです。

4-4.支配欲の現れ

モラハラ夫は、相手に対する支配欲が強いことが多いです。必要以上に相手を束縛し、自分の意のままに行動させることによって相手を支配している感覚を味わい、満足感を得ています。

4-5.職場でパワハラを受けている

職場でパワハラやモラハラ行為を受けていると、その状態が日常化してしまいますし、自分では抱えきれないほどの大きなストレスが溜まってしまいます。そこで、家に帰って妻に対してモラハラ行為を行うことで発散させます。

5.モラハラへの対策方法

モラハラを受けたときには、なるべく相手の行為に反応しないことが重要です。モラハラを受けている方は、自分が悪いのだと思い込んで相手に謝罪し、どうしたら許してもらえるのかなどを必死で考えることがありますが、もともと相手が理不尽なことを言っているので、そのようなことを考えても無駄です。かといって、相手の言っていることに反対意見を出すと、相手は余計にヒートアップして、延々何時間も説教が始めることも多いです。   そこで、モラハラ夫に対しては、日頃から、なるべく無反応で受け流すようにしましょう。どうしてもモラハラ被害が酷く、生活に支障が出る場合などには、別居も検討すべきです。いったん距離を置いてお互いが冷静になることにより、相手の行動も改善される可能性があります。   また、モラハラ行為を行う配偶者と同居していると、子どもに対する影響も無視できません。先にも説明した通り、モラハラが行われている家庭で育った子どもは、将来自分が結婚したときにも、モラハラを行ってしまう可能性が高くなるためです。子どもの将来を考えるなら、かえって離婚した方が子どものためになるケースもあります。   相手のモラハラ行為で悩んでいて、今後どのようにすべきか決めかねている場合、数々のモラハラのケースを解決に導いている弁護士に相談することが効果的です。離婚をしたくない場合でもよいアドバイスをもらえるので、一度無料相談を利用してみると良いでしょう。