pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

妻のモラハラで離婚する場合

モラハラというと、一般的には夫が妻に対して行うもの、というイメージが強いですが、最近では、妻から夫に対して行われるモラハラ行為も増えています。 妻のモラハラの実態はどのようなものとなっていて、妻のモラハラが原因で離婚する場合、どのようなことに注意したら良いのでしょうか? 今回は、妻のモラハラで離婚するケースについて、解説します。  

1.妻のモラハラ行為のパターン

妻が夫に対してモラハラ行為を行うとき、どのような行動パターンが多いのでしょうか?


いかがでしょうか?日常的に上記のような言動がある場合、妻がモラハラ行為に及んでいる可能性があります。

2.妻がモラハラ行為に及びやすいパターン

妻がモラハラ行為に及びやすいのは、以下のようなパターンです。

2-1.妻が自信過剰、プライドが高い

妻が自信過剰であったりプライドの高い性格だったりすると、モラハラを行いやすいです。どうしても自分を過信してしまうため、他者への思いやりや配慮が足りなくなりがちですし、プライドが高いため、相手から意見をされるとすぐに腹を立てて数倍以上言い返してしまったりするためです。 しかし、外面は大変良いことが多いため、夫が周囲に相談しても、周囲からは「そんな人じゃないだろう」「お前が何か悪いことをしたんじゃないのか?」などと言われて理解してもらえないことが多くなります。  

2-2.夫がまじめで優しい

まじめで優しいタイプの夫は、モラハラ被害に遭いやすいです。 このタイプの男性は、妻から酷いモラハラ被害を受けても「自分に悪いところがある」「「改善しよう」などとして受け止めるためです。 ただ、妻のモラハラ行為が、単なる妻の身勝手である場合には、夫がどれだけがんばっても改善はされません。    

3.妻のモラハラは、離婚と慰謝料の原因になる

妻のモラハラによっても、離婚することは可能です。 モラハラは、相手に対する人格的否定であり、このようなことが続いたら、婚姻生活を継続していくことは困難です。そこに男女の差はないため、男性のモラハラのケースと同様に離婚原因となります。 また、モラハラ行為を行うことにより、夫婦関係を破綻させた妻には有責性が認められます。そこで、妻のモラハラによって離婚する場合、妻に対して慰謝料請求をすることも可能です。  

4.妻のモラハラで離婚を進める手順

次に、妻のモラハラが原因で利根を進める手順を紹介していきます。

4-1.モラハラの証拠を集める

まずは、妻のモラハラの証拠を集めましょう。「妻側のモラハラ」というのは世間で浸透していないため、証拠がないと、調停や訴訟になって主張しても、完全に無視されてしまいます。そこで、妻がわめいている場面を録音したり、自分で日記やメモをとったり、妻から渡されたメモや妻から届いたメールの内容などを保護しておきましょう。モラハラが原因でうつ病になった場合などには、病院で診断書を作成してもらうと良いでしょう。

4-2.話合いをする

証拠を手元に揃えたら、妻に対して離婚を持ちかけましょう。このとき、モラハラ行為を理由として、慰謝料請求をすることもできます。モラハラの慰謝料相場は50万円~300万円程度です。 話合いにおいて、こちらが真剣に離婚を望んでいることがわかると、妻の態度が変わる場合もあります。

4-3.別居をする

相手がモラハラ行為を行っているときには、夫婦だけで話合いをしても解決できないことが多いです。顔を合わすと、また相手からの暴言や説教などのモラハラ行為が始まってしまうためです。 そのような場合、まずは別居をしてしまいましょう。別居の際、夫が主に生活費を稼いでいたケースでは、必ず妻に対して生活費の送金をする必要があります。生活費を支払わないと、相手から「悪意の遺棄」を主張されて、逆に夫側が有責配偶者とされてしまうおそれがあるためです。

4-4.離婚調停を申し立てる

別居をした上で、家庭裁判所で離婚調停を申し立てます。調停では、調停委員が間に入ってくれるので、相手と直接話をする必要がありません。 ただ、男性側が「妻のモラハラ」を主張しても、調停委員はなかなか信用してくれません。証拠を示しながら、具体的にどのような行為があるのか、説得的に主張することが必要です。 また、調停で離婚をするためには、最終的には相手に対する慰謝料請求をあきらめないといけない場合もあります。(慰謝料請求を維持していると、相手が離婚に同意しない可能性が高いため)

4-5.訴訟を行う

調停によっても、お互いに合意出来ない場合には、離婚訴訟によって解決するしかありません。訴訟では、証拠があることしか認められないので、事前に集めておいた証拠が役に立ちます。 妻による酷いモラハラ行為があり、夫婦関係を継続していくことが困難であると認められれば、判決で離婚を認めてもらうことが可能ですし、相手に対する慰謝料支払い命令も下されます。   以上のように、妻のモラハラが原因で離婚も慰謝料請求もできますが、世間からの理解を得られにくいため、妻が離婚をすすめるケースよりも難易度が高くなることが多いです。確実に、有利に離婚をすすめるためには、離婚に強い弁護士のサポートを受けることが必須です。 妻からのモラハラ行為でお困りの場合には、まずは弁護士に相談をしてアドバイスを受けるところから始めましょう。