pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

弁護士が交渉の矢面に立ち、適切な財産分与を行った事例

夫の不貞行為が原因で離婚を決断。弁護士が交渉に入ることで多額の財産分与、慰謝料を獲得した事例。

依頼主:50代女性

相談前

旦那の不貞行為が原因で離婚を検討されたAさんが依頼者。 旦那からは、離婚するならばマンションからも出ていくことを通知された。 慰謝料もなにもいらないからとりあえず離婚したいとご相談に訪れたAさん。 私たちは弁護士として、必要な権利を主張することを進言し、 相手方との交渉に臨みました。

相談後

夫名義のマンションは、売却したうえで、財産分与の対象としました。 その他、旦那が所有していた車、預貯金も含め、財産分与の請求を行い、 解決金も含め、多額の財産分与、慰謝料を取得することができました。

弁護士からのコメント

弁護士からのコメント
離婚後、今まで専業主婦であった女性も、一人で生活していかなくてはなりません。 相手の不貞行為が理由で、たとえ顔が見たくない状況や、話もしたくない状況だろうが、生きていくためには最低限の資本が必要となります。 私たちは弁護士として、冷静に判断し、離婚後の生活をサポートすることに努めます。 弁護士が介入することで、話し合いがスムーズに進むことから、当事者双方の感情論のぶつけあいを防止する作用もあります。