pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

慰謝料請求訴訟され、交渉で取下げた事例

既婚者の男性と不倫をしてしまい、妻から500万円の慰謝料請求。弁護士が交渉に入ったことで、慰謝料請求の取り下げに成功した事例。

依頼主:30代女性

相談前

依頼者は既婚者との不倫をしていました。「好きになったものはしかたがない」 そんな軽い気持ちで関係を続けていたとのこと。 ある日突然、裁判所から書類が届き、既婚者男性の奥様から500万円の慰謝料請求が 届きました。 軽い火遊びだったはずなのに、と後悔しても後の祭り。 うろたえながら事務所にご相談に来られました。

相談後

依頼者の職業や収入状態からして、500万円の慰謝料はとてもではありませんが 支払いは難しい状況でした。 もちろん、一般的にみても高額です。 弁護士が相手方と交渉したところ、実はお金ではない、謝罪してほしい気持ちが強いという気持ちを聞かされ、謝罪文を作成しました。 軽い気持ちで不貞行為を行ったことを心から謝罪したことで、慰謝料請求を取下げてもらうことができました。相手に誠意が伝わったことで依頼者は胸をなで下ろしました。

弁護士からのコメント

弁護士からのコメント
慰謝料請求を提起する場合、本当にお金を求めている場合ばかりではありません。 本件のように、謝罪を目的として提起することもあります。 弁護士として、相手方の本当に希望を斟酌したうえで、依頼者との解決を検討します。 その模索が、事件の解決にとって不可欠であると考えています。 本人同士では感情がぶつかりあって冷静な話し合いができないことが多いです。 交渉は、プロフェショナルな弁護士にお任せください。