pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

妻とその不倫相手に対し、慰謝料請求をし、200万円を勝ち取った事例

有責配偶者からの離婚調停 共働きの夫Aさんと依頼者である妻Bさん。他人から見れば、長年連れ添ってきた仲のいい夫婦と思われています。 ところが、共働きのため、すれ違い夫婦となっており、いつの間にか、家庭内別居状態に・・・。

依頼主:30代男性

相談前

妻に不倫された夫側の代理人として活動した案件です。妻とその不倫相手に対する権利を実現したいという強い気持ちをもって来所されました。そこで、依頼者の権利を実現するため、妻とその不倫相手双方に対し損害賠償請求訴訟を提起することになりました。

相談後

依頼者と協力して、探偵による不倫相手の情報収集、やりとりの録音、携帯電話記録の探索等を駆使し、訴訟を有利に進められました。300万円の請求をたてましたが、相手方の要望により、200万円で和解することになりました。

弁護士からのコメント

弁護士からのコメント
訴訟を有利に進め、自分の権利を実現するためには、できる限り早期にご相談いただき、証拠集めから弁護士が関わっていくことが重要であるといえます。