pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

離婚後の生活シミュレーションを提示し、親権を勝ち取った事例

離婚後のきちんとした生活シミュレーションや、具体的な育児方針を提示した結果、親権を無事獲得した事例。

依頼主:20代女性

相談前

婚姻してから1年経過した夫婦。妻から相談がありました。 夫の不貞行為を理由として離婚希望、さらに生まれたばかりの子の親権を 争いました。 夫も乳児についての親権を求め、離婚訴訟に至りました。 訴訟においては、依頼者と夫で、どちらが親権者としてふさわしいか、 子どもの福祉の観点から争いました。

相談後

裁判所は、子の親権は依頼者に認めました。 収入状況は夫の方が多く、実家のサポートも期待できるという点から 当初は夫に有利な流れで進んでいましたが、 依頼者側の、今後のきちんとした生活シミュレーションや、 具体的な育児方針の提示が功を奏した形です。 これらの提示は、当ネットワークの経験上、 主張した方が望ましいという結論に至りネットワーク全体でも実践しています。

弁護士からのコメント

弁護士からのコメント
親権は、一般的に女性、母親が有利、とは言われます。 しかし、子の福祉(子どもの幸せ)を考えた場合、母親の経済事情がよくない場合や、 サポート体制の不備等を理由に、親権が父親に認められることも少なくはありません。 実際、母親も生活していく必要がありますので、 子どもの生活を含めた、具体的な生活シミュレーションの提示により、 裁判所だけでなく、依頼者本人もまた、気持ちを引き締めることができました。 私たちは、離婚後についても検討した事件処理を心がけています。