pagetop
関西離婚弁護士ネットワーク

離婚・慰謝料請求問題解決は離婚問題のエキスパート弁護士へ。

離婚に関する相談窓口はこちら
メール相談予約24時間受付中0665569620

弁護士が交渉の矢面に立ち、適切な財産分与を行った事例

結婚当初から暴言、暴力のモラハラ行為があった夫に対して離婚調停の申し立て、慰謝料請求を行った事例。

依頼主:40代女性

相談前

結婚当初から夫からの暴言、暴力が当たり前だったKさん。 結婚には我慢も大切、と思ってきたけれど、子どもが成人し、独立すると、 離婚することも選択肢なのだと考え、ご相談に来られました。

相談後

旦那様の行為はモラハラであることを意識として共有しました。 家族とはいえ、暴力、暴言に我慢する必要などないことも伝えました。 すっぱりと離婚調停を申し立て、モラハラに対する慰謝料請求も提起し、 どちらもほぼ希望通りに主張が認められました。

弁護士からのコメント

弁護士からのコメント
結婚には我慢がつきもの。それは暴力、暴言には当てはまりません。 それらはモラハラに他なりません。 モラハラと認定されると多額の慰謝料が発生します。 私たちは、一つの事例から、モラハラの認定を行い、 法律に当てはめて適切な処理を行います。 我慢する必要は一切ありません。お気軽にご相談ください。